デジタルブックの収録画像の一部は「ART Gallery」でご覧いただけます。

武部本一郎 Vol.1火星シリーズ [Vol.1 Barsoom series]
ジャンル:SF
シリーズ;武部本一郎原画コレクション [Motoichiro Takebe Artworks]
ページ数:118
価 格:500円
配信開始日:2016年4月20日
配信サイト:ibooksで販売中
内 容
「火星シリーズ」は、アメリカの小説家、エドガー・ライス・バロウズが生み出した架空の火星を舞台にしたSF冒険小説。多くのSF小説ファンを魅了させたのは、小説の内容もさることながら、武部本一郎による美麗なカバー絵、口絵、挿絵が日本の読者から高い評価を得たことも大きい。
今回発刊の作品には、「火星のプリンセス」「火星の女神イサス」「火星の大元帥カーター」「火星の幻兵団」「火星の交換頭脳」「火星の秘密兵器」「火星の透明人間」「火星の合成人間「火星の古代帝国」「火星の巨人ジョーグ」からの表紙絵や口絵、挿画などが収められている。
作家プロフィール
武部本一郎(たけべ もといちろう)
1914年4月24日、大阪船場で生まれる。日本画家の武部白鳳を父にもつ。
甲陽中学校卒業。第二次世界大戦中は軍隊生活を送る。戦後、1945年に京都に移住し、画業を開始。「行動美術展」を始めとして、数々の賞に入選。さらに、『少年画報』などの絵物語や書籍の挿絵を描き始める。1957年に上京し、その活動の幅を広げる。1965年から東京創元社刊の「火星シリーズ」の表紙画や挿絵を手がけ、SFの世界でもその名を知られることとなる。 1980年7月17日没。没後、星雲賞特別賞を受賞。
SFでは、ロバート・E・ハワードの英雄コナンシリーズと、エドガー・ライス・バローズ作品(創元推理文庫SFの大部分と、ハヤカワ文庫特別版SFのターザン・シリーズの大部分)が有名。
Vol.1火星シリーズはibooksからお求めいただけます。




【電子書籍自費出版受付中】
電子画集/電子イラスト集/電子写真集
制作は、実費のみの格安料金で承ります。
出来上がった「電子書籍」は、アップストア、アマゾン、国内電子書店にて販売いたします。
発売後、本Webサイトで収録作品を特別展示いたします。
作品原稿は、データ入稿でお願いします。生原稿(文字原稿&作品原画)で入稿の場合は、別途データ化の費用が発生します。
詳しいお問い合わせ・出版ご相談は、ラピュータ編集部まで